【知って安心】ヒゲ脱毛の副作用を徹底解説|予防策・改善策もご紹介

今回のお悩み

ヒゲ脱毛を考えているけど、ヒゲ脱毛に副作用があることを知ってしまった…。

副作用はなるべく避けたいけど、そもそも副作用ってどんなものがあるの?

予防策や改善方法もあれば知りたいなぁ。

ヒゲ脱毛を行った際に、

「肌に赤みが残ってしまっている...」

「急に吹き出物が増え始めた...」

このように、副作用が起きるケースがあるのは事実です。

しかし、ヒゲ脱毛後に起きた副作用は適切な方法で対処すれば、かりに副作用が起きたとしても症状を軽くすることができるため、あまり恐れる必要はありません。

今回は、ヒゲ脱毛で副作用が起きる原因や対処法、そして予防策までをまとめていきます。

  • ヒゲ脱毛の際に副作用が起きてしまう理由
  • ヒゲ脱毛における主な副作用の種類
  • ヒゲ脱毛の副作用に対する予防策・改善策

ヒゲ脱毛の副作用をすぐにご覧になりたい方は以下をクリック!

ヒゲ脱毛で副作用が起きてしまう要因とは?

ヒゲ脱毛では一部「副作用」があるということが言われていますが、なぜヒゲを脱毛するだけで副作用の症状がでるのでしょうか。

【結論】ヒゲ脱毛で一時的に肌へのダメージがあるから

ヒゲ脱毛の際には、レーザー照射の熱により「一時的な肌へのダメージ」があります。

そのため、脱毛後の肌は「極端に外部の刺激に弱い肌」になっており、思わぬ副作用の症状が起きてしまう恐れがあるのです。

ただし、そうした副作用の症状や対処法を知っておくことで、万が一肌トラブルが起きた時も冷静に対処することができます。

ヒゲ脱毛をこれから受けようと思っている方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

ヒゲ脱毛における主な副作用の種類と改善策

ヒゲ脱毛における、主な副作用の症状としては以下のものが挙げられます。

やけど(水ぶくれ・腫れ)

「やけど」と聞くと「跡が残るくらいのひどいやけど」を想像されるかもしれませんが、実際はそこまで深刻ではなく一時的に肌に赤みが残るケースがほとんどです。

ただし、下記のようなやけどの場合は注意が必要です。

・肌がヒリヒリ痛む
・水ぶくれで腫れ上がっている

やけどを初期症状の時点で放置していると、肌荒れの原因になったり、赤みが長引く恐れがあり、注意が必要です。

やけどの改善策

「やけどかな…?」と思ったら、まずは応急処置として火傷部分を冷やすようにしましょう。

保冷シートや濡れたタオルなど、肌に負担をかけないように冷却するのがコツです。

もし、それでも症状が長引く場合はクリニックで診察を受けましょう。

処方される軟膏などの塗り薬を使うことで、症状の悪化を防ぎます。

治療の際はここに注意!

やけどの場合、自分で市販の塗り薬を購入して使うのはオススメしません。
なぜなら「薬に含まれる成分がどこまでやけどに効くかは、個人差があるから」です。
したがって、やけどの症状が見られた場合は、医師の診察の上で処方された塗り薬を使うようにしましょう。

 

かゆみ

レーザー照射により、脱毛直後は極度に肌の水分がなくなっている状態になります。

乾燥肌になると、皮膚の神経が通常よりもさらに敏感になり、まれに肌のかゆみがひどくなる場合があります。

かゆみがひどくなると、ついつい肌を引っ掻いたりしてしまうため「肌が痒くなる→引っ掻く→肌が傷ついて雑菌が傷口から侵入しやすくなる」という悪循環を引き起こしています。

かゆみの改善策

かゆみは基本的にやけどと同様で、患部をまずは冷やすことからはじめます。

万が一、かゆみが長引いたり、強くなる場合はクリニックでの診察を受けるようにしましょう。

 

毛嚢炎、ニキビなどの炎症

レーザー照射後は毛根に大きなダメージがあるため、本来肌にあるバリア機能が低下してしまいます。

そのため、肌にある免疫のバランスが崩れ、毛嚢炎やニキビなどを発症するケースがあります。

ちなみに、ニキビと毛嚢炎は症状が似ていますが、発症の原因は少し違います。

ニキビと毛嚢炎の違い

毛嚢炎・・・表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が毛穴に入り、起きる症状のこと(原因が表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌)

ニキビ・・・皮脂が毛穴に詰まって酸化したり、皮膚に存在するアクネ菌が過剰に増殖して起きる症状のこと(原因は主にアクネ菌)

細かくみると原因はそれぞれ違いますが、対処法はほとんど同じです。

毛嚢炎・ニキビの改善策

毛嚢炎やニキビの改善策としては3つ挙げられます。

①正しい手順でスキンケアをする
②軟膏を塗る
③深剃りしないようにする

①正しい手順でスキンケアをする

毛嚢炎やニキビを発症している状態の肌は、極めて外部からの刺激に弱いです。

そのため、洗顔〜保湿までをしっかり行い、一時的に低下した肌のバリア機能を補ってあげる必要があります。

詳しいスキンケアの手順に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。
→内部リンク:【保存版】正しいメンズスキンケアの手順を3STEPで解説→超簡単

②軟膏を塗る

あらゆる副作用の中でも、ニキビや毛嚢炎は比較的治りがはやいです。

そのため、適切なスキンケアをしていれば、自然と治るケースがほとんどです。

ただし「治りが遅い…」と感じた場合は、ドルマイシンなどの市販の軟膏を使用したり、クリニックで処方された塗り薬で対処するようにしましょう。
※やけどなどとは違い、ニキビや毛嚢炎は比較的軽い症状のため市販の薬でも治療を行っても問題ありません

 

③深剃りしないようにする

肌荒れを起こしてしまう原因の一つに「ヒゲの深剃り」が挙げられます。

ヒゲをなるべく薄くしようと深剃りをしてしまうと、つい力が入ってしまい肌を不必要に傷つけてしまいます。

肌が傷ついている状態を繰り返していると、いくら適切なスキンケアを重ねたとしても意味がありません。

また、深剃りを防ぐために、ヒゲを剃る方法も少し意識してみると良いでしょう。

例えば、ヒゲを剃る際は「カミソリ」と「電気シェーバー」を使う方がほとんどです。

この両者を比較すると、深剃りしにくいのは「電気シェーバー」だと言えます。

なぜなら、電気シェーバーはカミソリと違い、刃が露出していない構造のため、直接肌を傷つけにくいからです。

そのため、今カミソリでヒゲを剃っていて、肌荒れに悩んでいる方は思い切って電気シェーバーに切り替えることをオススメします。

 

治療の際はここに注意!

毛嚢炎やニキビを見ていると、気になって思わず潰したり、いじってしまいたくなる時があるかもしれません。
しかし、もし気になったとしても、直接患部を触るのは絶対にやめましょう。
最悪の場合「ニキビの跡が残る」など肌荒れを悪化させるケースがあります。

 

硬毛化・多毛化

レーザー脱毛後、大体1〜2週間の間は発毛組織が刺激されることにより、ヒゲの毛が太くなり、ヒゲがより濃くなる「硬毛化・多毛化」の症状が起きます。

これらの症状は身体に害はないものの、ヒゲが以前より濃く見えるため、心配される方が中にはいます。

ですが、結論から言うと硬毛化・多毛化はヒゲ脱毛にはつきものの症状のため、基本的に心配する必要はありません。

硬毛化・多毛化の改善策

硬毛化・多毛化の改善策は基本的に「放置」するのがベストです。

ただし、ただ放置するだけではなく、スキンケアなどは忘れずに行うようにしてください。

 

埋没毛

レーザーを照射すると、毛穴の中で毛が膨張し、皮膚の内部で埋もれる「埋没毛」の症状が起きる場合があります。

埋没毛が起きると、泥棒ヒゲのような見た目になります。

ヒゲが埋もれているものの、皮膚の表面からは薄く見えている状態のため、レーザー照射を繰り返しているうちに埋もれた毛も徐々に抜けていきます。

埋没毛の改善策

埋没毛は基本的に硬毛化・多毛化と同様、スキンケアを怠らないようにするのがベストですが、特に「保湿」は念入りに行うようにしましょう。

保湿を行うことで肌の水分量が増し、肌や毛穴周りが柔らかくなることで、毛が抜け落ちやすくなります。

治療の際はここに注意!

埋没毛でやってしまいがちなのが「埋もれた毛を無理やり抜こうとする」ことですが、これはやめましょう。
無理やり毛を抜いてしまうと毛穴が大きく広がり、そこから雑菌が侵入することでニキビなどの他の症状を招きやすくなります。
また、埋もれ毛をはやく無くしたいからといって、除毛クリームやブラジリアンワックスなどを使用するのも、脱毛後の肌には刺激が強すぎるため避けましょう。

 

汗や油分の増加

ヒゲ脱毛により、ヒゲがなくなることで毛穴が一時的に開きやすくなります。

そのため、顔周りの汗や油分の量が増加するケースも中にはあります。

ただし、毛穴は放置しておけば、どんどん縮小していくため、あまり気にする必要はありません。

汗や油分の増加に対する改善策

汗や油分の増加に関しては、基本的に毛穴が閉じるまで安静にしているのがベストです。

もし、2〜3日経って汗や油分の量が減らないようであれば、患部を冷やして様子を見てみましょう。

 

ヒゲ脱毛の副作用に対する3つの予防策をご紹介!

各副作用に関して改善策をご紹介しましたが、一番良いのはやはり「副作用を未然に防ぐこと」です。

副作用を避ける上で重要になるポイントは大きく分けて3つあります。

①適切なスキンケア

ヒゲ脱毛でレーザー照射を受けることにより、私たちの肌は本来持つバリア(免疫)機能が弱まり、外部からの刺激に敏感な状態になっています。

そんな時に、まずやるべきなのは「適切なスキンケア」です。

洗顔や保湿などを忘れずに行うことで、肌を雑菌や乾燥から守ることができます。

さらに詳しいスキンケア方法はこちら

第6回:ヒゲ脱毛後のアフターケアで肌のキレイさに磨きをかける

イツキさん!1回目のヒゲ脱毛をしてきたんですが、少し肌荒れしてしまいました…! 脱毛後に保湿などは行なったかな?もし間違ったスキンケアをしていると、逆に肌荒れを悪化させる原因になるんだ! え…本当です ...

続きを見る

 

②日焼け対策

ヒゲ脱毛をする際には、必ずと言っていいほど「日焼けはNG」と言われます。

なぜなら、脱毛の際に照射するレーザーは毛の黒い組織(メラニン色素)に反応するため、皮膚が日焼けで黒いと反応しづらいからです。

また、日焼けの肌の場合、レーザーが通常よりも強く反応してしまい、ヤケドなどの肌トラブルが起きる場合もあります。

そういった事態を避けるためにも、ヒゲ脱毛期間は日焼け止め対策は念入りにしましょう。

 

③ヒゲの自己処理は行わない

ヒゲの自己処理とは、ヒゲを剃るなどの行為ではありません。

ここでは、毛抜きや除毛クリーム、ブラジリアンワックスを使った処理のことを指します。

このような自己処理は肌を余計に傷つけてしまう原因となり、脱毛効果も期待できないことからオススメはできません。

ヒゲが気になる気持ちも分かりますが、ヒゲ脱毛中は自己処理をせず、なるべく肌に負担をかけないように過ごすようにしましょう。

持病をお持ちで薬を服用されている方はカウンセリング時に医師へ必ず伝えておきましょう。薬によっては、ヒゲ脱毛で副作用が出てしまう恐れがあるため注意が必要です。

 

ヒゲ脱毛の種類に伴い副作用の内容は変わる【比較表あり】

ここまでヒゲ脱毛に関する副作用について解説しましたが、実は、ヒゲ脱毛の方法により、どの副作用が起きやすいかが変わってきます。

以下の表をご覧ください。

 ※横にスクロールして見ることができます

医療脱毛 光脱毛 ニードル脱毛 家庭用脱毛機
(セルフ脱毛)
やけど
(水ぶくれ・腫れ)
リスクあり リスクなし  リスクあり  リスクあり
かゆみ リスクあり リスクあり リスクあり リスクなし
毛嚢炎、ニキビなどの炎症 リスクあり  リスクあり  リスクあり  リスクあり
硬毛化・多毛化 リスクなし  リスクあり  リスクなし  リスクあり
埋没毛 リスクあり  リスクあり  リスクなし  リスクあり
汗や油分の増加 リスクあり
リスクなし リスクあり リスクなし 

※上記の表は必ずしも副作用のリスクの有無を保証するものではありません。あくまでも目安として参考にしてください。

それぞれの脱毛方法について詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

上記の表からも分かる通り、副作用の内容は脱毛の方法によって大きく変わることが分かりました。

では、副作用の症状がどの脱毛方法を選んでも起きるのだとしたら、私たちはどの脱毛方法を選ぶのが一番安全なのでしょうか。

 

医療脱毛であれば、副作用が起きた時も安心!

結論から言うと「医療脱毛」がオススメです。

サロンやエステはあくまで美容専門のお店のため、脱毛の際に万が一肌トラブルがあったとしてもその場で対応はしてもらえません。

国民生活センターの調べによると、毎年報告される脱毛施術による被害では、クリニックよりもエステの方が2倍近く多いことがわかっています。

残念ながらこういった被害事例は世の中に多く出回っておらず、多くの人は知りません。

しかし、サロンにおける脱毛の健康被害が多いのは真実です。

もちろん、医療機関だからといって全ての人に副作用が出ないわけではありません。

ですが、クリニックであれば、万が一肌トラブルがあっても診察や薬の処方などを素早く行ってくれるため、サロンやエステと比べると安心だと言えます。

以上のような理由からも、もしあなたが「ヒゲ脱毛をしようか検討している」と思うのであれば、クリニックでの医療脱毛をオススメします。

ヒゲ脱毛は病気などの治療ではなく、あくまで「美容行為」です。したがって、ヒゲ脱毛時に副作用が起きたとしても「保険は適用外」となるため、注意しておきましょう。

 

まとめ:副作用はちゃんと対処・予防すれば心配はいらない

今回のまとめ

  •  ヒゲ脱毛の副作用は様々ある
  •  それぞれの副作用に関して対処・予防すれば心配はいらない
  •  万が一の肌トラブルの時もクリニックなら安心

ヒゲ脱毛に限らず、薬などをはじめ、どんなに優れていると言われているものでも副作用は必ずあります。

ですが、適切に副作用へ対処すれば過度に心配する必要はありません。

もし、それでも副作用などが気になるようでしたら、一度クリニックの無料カウンセリングなどで話を聞いてみてくださいね。

関連記事
第3回:ヒゲの医療脱毛を行うクリニックの費用や効果・回数の相場

ハヤトくん「医療脱毛」について詳しく説明することって、できる? えっと…、医療脱毛って医療機関で脱毛することを指すんでしたっけ…? そうだね!医療脱毛には多くの特徴があって、ヒゲ脱毛では一番オススメの ...

続きを見る

 

【失敗しない】ヒゲ脱毛でオススメのクリニックBEST3

多くのヒゲ脱毛を行うクリニックは一見同じように見えます。

しかし各クリニックを比べると「料金は変わらないのに、脱毛回数が少ない」など様々な違いがあることに気付きます。

つまり、クリニック選びを間違えると、ヒゲ脱毛にかける「お金・時間」が全て無駄になり損をしてしまうケースがあるのです。

「こっちのクリニックで脱毛した方が安かった...」と後悔するのは嫌ですよね。

だからこそ、ヒゲ脱毛で後悔しないためには、あらゆる面でコスパの良いクリニックを選ぶことが大切です。

【クリニックを選ぶ際の5つのポイント】

①脱毛料金の安さ

②脱毛プランの充実度

③アクセスの良さ

④脱毛機器の豊富さ

⑤予約のとりやすさ

当サイトでは、数あるクリニックの中から「5つのポイント」をもとに厳選した3院をご紹介します。

「クリニック選びで失敗したくない!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

回数単位で業界最安値「湘南美容クリニック」

オトコの根こそぎレーザー脱毛

全国に88院を展開し、リピーター率が90%を超える業界最大手のクリニックヒゲ3部位の脱毛(6回)を29,800円(税込)で受けることができ、医療脱毛の中でもかなりリーズナブルな料金設定となっています。アクセスの良さや割引・ポイント制度も充実しており、はじめてヒゲ脱毛をする方でも安心して通うことができます。

湘南美容クリニックはこんな方にオススメ

  • ヒゲ脱毛をするのが初めて
  • なるべく安くヒゲ脱毛を行いたい
  • 地方でも通いやすいクリニックを探している

3年間無制限のヒゲ脱毛「ゴリラクリニック」

髭脱毛

基本コース終了後、3年間無制限のヒゲ脱毛を毎回の予約料108円(税込)で受けることができるクリニック。コースと無制限の脱毛期間を合わせると実質4年間のヒゲ脱毛が可能です。全国に18院を展開しており、地方にお住まいの方でも気軽に通うことができます。施術時は5種類の脱毛機器から選ぶことができ、脱毛時の痛みが気になる方も安心して利用できます。

ゴリラクリニックはこんな方にオススメ

  • 他の人よりもヒゲが濃いのが悩み
  • なるべく痛みの少ない脱毛機器を利用したい
  • 長期間のヒゲ脱毛を受けられるクリニックを探している

業界で唯一、期間・回数無制限「ドクターコバ 」

Dr.コバ

業界の中で「期限・回数無制限」のヒゲ脱毛を行う唯一のクリニックです。銀座・名古屋・大阪の3院にしかないものの、基本コース終了後は毎回の予約料108円(税込)を支払うだけで回数・期限無制限のヒゲ脱毛で受けることができます。納得のいく結果が出るまでヒゲ脱毛を継続したい方にオススメです。

ドクターコバはこんな方にオススメ

  • 期限・回数に制限なく、納得のいくまで脱毛をうけたい
  • 東京、愛知、大阪に住んでいる
  • オプションなどの追加費用はなるべくかからない方がいいと思っている

-みんなのヒゲ脱毛Q&A

Copyright© メンズヒゲ脱毛アカデミー , 2019 All Rights Reserved.