日焼けがヒゲ脱毛NGな4つの理由と2つの対処法【地黒な人も必見】

今回のお悩み

ヒゲ脱毛をしようと思ったけど、クリニックの公式サイトを見ると「日焼けはNG」って書いてある…。

なんで脱毛するだけなのに、日焼けがダメなの?

日焼けしやすいし、色黒の肌質だからヒゲ脱毛が断られないか心配だなぁ…。

いざヒゲ脱毛をしようと、脱毛の詳細についてクリニックの公式サイトで確認していると

「日焼けしている肌にレーザーを照射することはできません」

「日焼けの具合によって、レーザー脱毛の施術をお断りする場合がございます」

という注意事項を見かけた方もいるかもしれません。

こういった注意事項を見ると「えっ!?今、日焼けしているけどヒゲ脱毛できないの?」と思わず不安になりますよね。

実は日焼け・地黒肌の人が脱毛を断られるのは、脱毛を受ける上でそれなりにリスクがあるからです。

でも、安心してください。

今からしっかり日焼け対策をして、今回ご紹介する「ある方法」を利用すれば、かりに今あなたが日焼けしていてもヒゲ脱毛は可能です。

「日焼け肌・色黒の肌だけど、今すぐヒゲ脱毛したい!」という方は、ぜひ今回ご紹介する内容を参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛は医療脱毛がベスト!

第3回:ヒゲの医療脱毛を行うクリニックの費用や効果・回数の相場

ハヤトくん「医療脱毛」について詳しく説明することって、できる? えっと…、医療脱毛って医療機関で脱毛することを指すんでしたっけ…? そうだね!医療脱毛には多くの特徴があって、ヒゲ脱毛では一番オススメの ...

続きを見る

 

日焼けがヒゲ脱毛でNGな4つの理由

日焼けがヒゲ脱毛でNGな4つの理由

多くのクリニックが「日焼けなどで肌が黒くなった人」への施術を断るのは明確な理由があります。

それは、脱毛時に下記のようなリスクがあるからです。

日焼け時に脱毛するリスク

・脱毛効果が半減する
・ヤケドなど肌トラブルが起きる確率が上がる
・脱毛時の痛みを感じやすくなる
・脱毛期間が伸びる可能性がある

「えぇ…こんなに脱毛時のリスクがあるの?」と感じるかもしれません。

しかし、脱毛時のリスクを知らずにヒゲ脱毛を受けた場合、未然に防げたはずの肌トラブルが起きてしまう恐れもあります。

後ほど対処法もご紹介しますので、まずはそれぞれのリスクを1つずつ見ていきましょう。

 

脱毛効果が半減する

クリニックで行われる医療脱毛はレーザーを肌に照射して脱毛を行います。

この時、レーザーが持つ熱エネルギーは黒い毛に含まれる「メラニン色素」に吸収されます。

その結果、メラニン色素が受け取った熱エネルギーが毛根付近へ伝わり、毛乳頭(毛の生産をサポートする組織)を破壊することができます。

ここで覚えておきたいのが、レーザーは「黒い部分に反応する」ということ。

もしあなたが、日焼けで黒くなった肌の状態でレーザー照射を行う場合、レーザーは黒い肌全体へ反応してしまいます。

こうなると、せっかく高出力のレーザーを照射しても、熱エネルギーが肌全体へと分散し、本来与えるべき毛乳頭へのダメージが半減。

したがって、日焼け肌の場合は通常時の肌よりも脱毛効果が半減してしまう場合があると言えます。

 

ヤケドなど肌トラブルが起きる確率が上がる

通常時の肌は黒い毛にしかレーザーは反応しません。

したがって、脱毛時に肌トラブルが起きるリスクは比較的低いです。

しかし、日焼け肌の場合はレーザーが肌全体へと反応するため、熱エネルギーを肌全体で受け取ってしまうことに。

つまり「レーザーが肌全体へ過剰反応する」ということです。

これにより、通常時の肌よりもヤケドや色素沈着などの肌トラブルが起きるリスクは高まってしまいます。

関連記事
【知って安心】ヒゲ脱毛の副作用を徹底解説|予防策・改善策もご紹介

今回のお悩み ヒゲ脱毛を考えているけど、ヒゲ脱毛に副作用があることを知ってしまった…。 副作用はなるべく避けたいけど、そもそも副作用ってどんなものがあるの? 予防策や改善方法もあれば知りたいなぁ。 ヒ ...

続きを見る

 

脱毛時の痛みを感じやすくなる

先ほど「日焼け肌にはレーザーが過剰反応する」と説明しました。

レーザーが過剰反応するということは肌トラブルのリスクとともに、痛みがさらに強くなることへも繋がります。

「そもそも、実際の脱毛時の痛みってどんな感じなの?」と思うかもしれませが、一言でいうと「輪ゴムで肌をパチンと弾いた感覚」に近いです。

ただ、これはあくまで通常の脱毛時に感じる痛みに近く、日焼け肌の場合はさらに強い痛みを感じることになります。

したがって「脱毛時の痛みが特に心配…」という方は要注意です。

関連記事
【動画あり】ヒゲ脱毛のレーザー照射はどんな痛み?|徹底解説します

今回のお悩み ヒゲ脱毛って実際はどれくらい痛いんだろう…。 痛すぎてヒゲ脱毛を断念してしまう人もいるらしいから、自分も痛みに耐えられるか不安しかない…。 痛みを少なくする方法もあれば、ついでに知りたい ...

続きを見る

 

脱毛期間が伸びる可能性がある

日焼け肌が通常の肌の状態に戻るには基本的に「約2ヶ月」かかり、代謝が遅い人はさらに長くかかります。

したがって、これからヒゲ脱毛を受けようと思っても、あまりにも日焼けがひどい場合は2ヶ月以上待たないとヒゲ脱毛が受けられません。

また「脱毛中」の場合でも、2ヶ月の遅れが出てしまうことで全体の脱毛期間も延びることに。

こういったことから「短期間でヒゲ脱毛を終わらせたい!」という方にとっては、日焼けしすぎるのはデメリットだと言えるでしょう。

【疑問】間が空いて脱毛効果は薄れないの?

2ヶ月以上も間が空くと「そんなに間が空いたら、脱毛の効果は薄れないの?」という声も一部あります。

これに関しては「毛周期」という毛が生え変わるサイクルに沿って、脱毛を進めていくため、むしろ間を空けた方が脱毛効果は高くなります。

ですので、少し脱毛間隔が空いたとしても基本的には問題ないです。

関連記事
ヒゲの医療脱毛が完了するまでの平均照射回数・期間を徹底解説!

今回のお悩み クリニックで受けるヒゲ脱毛って、永久に毛が生えない状態になるまで、平均でどれくらいの回数や期間がかかるんだろう…。 あと、自分が脱毛する場合、何回くらい脱毛すればいいかも知りたいなぁ…。 ...

続きを見る

 

ただし!日焼けがあってもヒゲ脱毛が受けられる場合もある!

ただし!日焼けがあってもヒゲ脱毛が受けられる場合もある!

「日焼け肌はヒゲ脱毛NG!」と言っても、実際は「日焼けレベル」によってヒゲ脱毛が受けられる場合があります。

あなたの日焼け肌(色黒肌含む)がどの程度黒いのかどうかをチェックしてみてください。

こんな日焼けレベルだったらヒゲ脱毛可能!

こんな日焼けレベルだったらヒゲ脱毛可能!

あくまで参考程度ですが、上記で◯がつく日焼けレベルならヒゲ脱毛が可能です。

ただし、クリニックによっては日焼け肌に対し、脱毛が可能かを判断する基準が厳しいところもあります。

もし不安な方は実際にクリニックでカウンセリングを受け、医師と脱毛ができるか相談してみましょう。

 

【重要】日焼け肌の場合は適切な脱毛機種を選ぶ必要アリ

かりに、日焼けレベルを見て「自分は受けられそうだな」と思っても、少し注意が必要です。

それは「日焼け肌でも脱毛可能な機種を選ぶ」ということ。

脱毛時に適切な機種を選ばないと、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまいます。

では、そうならないためには、どんな機種を選べばいいのでしょうか。

ここからは、日焼け肌でも脱毛可能な2機種を紹介します。

 

メディオスターNeXTPRO

メディオスターNeXTPROは従来の脱毛機器と違う点が1つだけあります。

それは、毛乳頭(毛を作り出す細胞)ではなく「バルジ領域」がレーザーの照射対象である部分です。

参考

バルジ領域・・・皮膚の真皮の部分にある細胞。主に「毛包幹細胞」と「色素幹細胞」から構成されており、毛根へ発毛の指令を出す役割を持つ。

出典:バルジ領域について|東京イセアクリニック

従来の脱毛機器であれば黒い組織に反応するレーザーを照射するため、日焼けした黒い肌に反応し、肌トラブルのリスクを引き起こす恐れがありました。

一方、メディオスターNeXTPROはバルジ領域に直接作用するレーザーを照射するため、肌が黒くても照射が可能。

また、メディオスターNeXTPROは皮膚に近い部分への照射となるため、脱毛時の痛みが他の機種に比べて少ないのが特徴です。

「脱毛時の痛みをなるべく減らしたい」という人には特にオススメの機種だと言えるでしょう。

メディオスターNeXTPROの導入クリニック

湘南美容クリニック・・・全国に90院以上を展開。3万円前後で6回のヒゲ脱毛が可能。
ゴリラクリニック・・・全国に18院以上を展開。実質4年間無制限のヒゲ脱毛が受けられる。
メンズリゼクリニック・・・全国に20院以上を展開。割引制度などが充実しており、特に学生の間で人気。

 

ジェントルヤグ(ジェントルマックスプロ)

ジェントルヤグ(ジェントルマックスプロ)はレーザーの中でも、最も波長の長い「ヤグレーザー」を照射して脱毛を行います。

レーザーの波長が長いため、日焼け肌よりもさらに深いところへ反応します。

つまり、レーザーが日焼け肌を通り越してしまうので、肌への影響はほとんど無いということです。

また、波長が長いヤグレーザーは少し痛みが強いものの、脱毛効果が特に高いことで知られています。

したがって「痛みを少し我慢してでも、脱毛効果をはやく実感したい」という人にオススメの機種です。

ジェントルヤグ(ジェントルマックスプロ)の導入クリニック

ゴリラクリニック・・・ジェントルヤグを導入
ドクターコバ・・・ジェントルマックスプロを導入
メンズリゼクリニック・・・ジェントルヤグを導入

ここまで日焼け肌でも脱毛できる2機種を紹介しましたが、改めてそれぞれの機種でオススメな人をまとめると以下の通り。

こんな人はこの機種がオススメ!

メディオスターNeXTPRO・・・脱毛時の痛みをなるべく減らしたい人向け

ジェントルヤグ(ジェントルマックスプロ)・・・痛みを少し我慢してでも、脱毛効果をはやく実感したい人向け

基本的には上記の機種で日焼け肌の脱毛は可能です。

しかし、先ほどもお伝えしたように「日焼けレベルが重度」の場合、クリニックによって施術自体を断られるケースもあります。

そのため「2機種を利用すれば必ず日焼け肌でも脱毛可能」ではないことを覚えておきましょう。

 

ヒゲ脱毛前後は2つの日焼け対策をすべし!【これだけでOK】

いくら「日焼け肌でもヒゲ脱毛ができる!」といっても、なるべく脱毛時は日焼け対策をするのが大切です。

「男なのに日焼け対策するの?」という意見もあるかもしれません。

確かに日焼け対策は女性がするイメージがまだ強く、男性で行う人が少ないのは事実です。

しかし、日焼け対策をすることは肌トラブルが起きるリスクを減らし、安全にヒゲ脱毛をするために必要です。

また、日焼け対策をしなければ今後シミやシワが増える恐れもあるため、少し面倒かもしれませんが、しっかり対策をするようにしましょう。

とはいえ、日焼け対策はシンプルで、「外側」と「内側」の両方で対策をすればOKです。

 

日焼け止めを塗る【外側の対策】

まず日焼け対策で重要なのが、日焼けの原因となる「紫外線」が肌へ侵入するのを防ぐことです。

ここでやるべきなのは「日焼け止めを塗る」ことですが、日焼け止めを適当に選んではいけません。

なぜなら、日焼け止めの種類によって得られるメリット・デメリットが違うからです。

自分自身に合った日焼け止めを見つけるには、まず「SPF」と「PA」を知る必要があります。

 

日焼け止めを選ぶ上で必要な「SPF」と「PA」

紫外線には「A波」と「B波」の2種類があります。

A波は「皮膚が赤くなる日焼けの原因」に、B波は「シミ・シワ・たるみなどの原因」になります。

そんな紫外線に対し、SPFは「A波を防ぐ効果の数値(10〜SPFまで)」を、PAは「B波を防ぐ効果の数値(+〜++++まで)」を表しています。

ただし、単純にSPFとPAが高いものを買えばいいわけではなく、他にも日焼け止めを選ぶ際は下記のような点にも気をつけなければなりません。

・石鹸だけで落とせること(日焼け止めが残ることによる肌荒れ防止のため)
・ウォータープルーフであること(汗や水辺に行く際にも日焼けするのを防ぐため)

では、これらを踏まえて、オススメの日焼け止めを紹介します。

 

サンカット (スプレータイプ)


手軽に日焼け止めをするならスプレータイプがオススメ。

サッと外出前に吹きかけるだけで、肌がベタつかず、変にテカることもありません。

・普段日焼けを塗る習慣がない
・仕事上、外出する機会がない
・休日は基本的にインドア

基本的に上記に当てはまる方は、この日焼け止めを持っておけば十分です。

ただし、スプレータイプは便利な反面、頻繁に使用していると、すぐ無くなりやすいので注意してください。

 

NALC PERFECT UV PROTECT (クリームタイプ)

NALC PERFECT UV PROTECT (クリームタイプ)

「よく外でキャンプや山登りなどをする」「海でサーフィンをする」などのアウトドアな方であれば、スプレータイプだけでは日焼け対策は不十分。

なぜなら、日焼け止めスプレーは「水や汗に弱い」という弱点があるからです。

そこでオススメなのがクリームタイプの「NALC PERFECT UV PROTECT」です。

NALC PERFECT UV PROTECTは、下記のような特徴があります。

  • クリームが水で流れない「三相乳化法」を採用
  • バラペンや界面活性剤など6つの成分を不使用
  • 塗っても白くならないため、不自然な見た目にならない
  • 石鹸や洗顔でサッと簡単に落とすことができる

例えば、あなたがアウトドアや海辺で趣味を楽しんでいる時に、いちいち日焼け止めを塗り直すのは面倒ですよね。

また「日焼け止めを塗っているのが周りの人にバレたくない…」という人もいるでしょう。

女子とかに見られたら、少し恥ずかしいですもんね。

そういった人にこそ、頻繁に塗り直す必要がなく、水などで白くならない「NALC PERFECT UV PROTECT」はオススメです。

・肌に優しい日焼け止めを使いたい
・海辺などで絶対に日焼けしたくない
・手軽に落とせる日焼け止めを使いたい
・不自然に白くならないものがいい

こういった方は、ぜひクリームタイプのNALCも使用してみてください。

NALCの詳細を今すぐ見てみる

 

日焼け止めサプリを飲む【内側の対策】

実は日焼け止めは皮膚に直接塗るタイプだけではなく「飲む」日焼け止めもあります。

「日焼け止めサプリ」なら何粒か飲むだけで、簡単に日焼け対策ができます。

ただ、手軽だからといって日焼け止めサプリを全ての人にはオススメできません。

こんな人に日焼け止めサプリはオススメ!

・もともと地黒肌な上に、日焼けしやすい
・色白な肌を保ちたい
・日焼け止めを塗ること自体に抵抗がある

サプリと言っても、ずっと飲み続ける必要はありません。

まずは、日差しが強くなる時期7月〜9月の間だけでもお試しで飲んでみましょう。

ちなみに、日焼け止めサプリで有名なのは「インナーパラソル」です。

 

インナーパラソル

インナーパラソル

飲む日焼け止めと聞くと「なんか変な成分でも入っているんじゃないの?」という声もあるかもしれません。

ただその心配はいりません。

インナーパラソルはビタミンC ・ビタミンPなどの美肌成分を多く配合し、臨床評価試験も通過したサプリメントです。

2017年にはモンドセレクションで金賞を受賞し、2019年にはリピート率95%を超え、多くの人の支持を得ています。

  • 日焼けした際の肌の赤みを抑えるニュートロックスサンを250mg配合
  • 配合成分パインセラによって、乾燥を防ぎ、肌のバリア機能をキープ
  • 肌の抗酸化・抗炎症成分を含むコプリーノをたっぷり1500mg配合
  • 定期購入をすると初回は特別価格990円でお試し可能

日焼け対策を内側からも行いたい人にとっては、ピッタリのサプリメントです。

定期購入でも休止できるため、あなた自身のペースで継続できますよ。

インナーパラソルの詳細を今すぐ見る

 

【不要】日焼け対策にサングラスやマスクはいらない

よく、日焼け対策として「サングラスをつけましょう!」「マスクをつけましょう!」と言われるケースがあります。

もちろん、サングラスや紫外線を防ぐマスクをつければ多少は効果があるかもしれません。

ただ、想像してみてください。

海辺に行く時にマスクをつけるでしょうか?

仕事中にサングラスはできますか?

現実的に厳しいですよね。

そもそも、今回ご紹介した方法に取り組みさえすれば、十分紫外線を防ぐことはできます。

ですので、最低限の日焼け対策にサングラスやマスクなどは不要であることは覚えておきましょう。

 

【一石二鳥】日焼け対策はニキビ対策にも繋がる

【一石二鳥】日焼け対策はニキビ対策にも繋がる

日焼け対策で意外と知られていない真実、それは「日焼け対策がニキビ対策になる」ということ。

私たちの肌は紫外線を浴び続けると、肌の内部にあるバリア機能が低下し、乾燥肌になりやすくなります。

さらに、酸化した皮脂が毛穴を刺激することにより、ニキビの増加・炎症の悪化を引き起こすことも。

つまり「なかなか治らないニキビの原因が実は紫外線だった!」ということも有り得るのです。

だからこそ、肌をキレイに保ちたいなら、日常からしっかり日焼け対策をするのが大事。

1日の小さな積み重ねが、やがてあなたの肌にも良い変化をもたらしていきますよ。

【安心】ニキビ肌でもヒゲ脱毛は可能

ヒゲ脱毛はニキビ肌でも可能!【ただし脱毛できる基準と注意点アリ】

ニキビ肌だけど、ヒゲ脱毛したい!でも、自分の場合ヒゲ脱毛できるのかな? ヒゲ脱毛をするきっかけとして「カミソリ負けによるニキビなどの肌荒れを改善したい!」と思い脱毛を決意するケースは多いです。 その一 ...

続きを見る

 

【まとめ】日焼け肌でヒゲ脱毛が可能かはカウンセリングで要確認!

今回のまとめ

  •  日焼け肌でヒゲ脱毛が可能かは「日焼けレベル」と「脱毛機器」で決まる
  •  日焼け対策は「外側」と「内側」の2つのアプローチが重要
  •  日焼け対策はニキビなどの肌荒れ対策にもつながる

生活スタイルや肌質によって、日焼けするのは仕方がないかもしれません。

ですが、日焼けをしているからといって、ヒゲ脱毛を諦めるのはもったいないです。

まずは日焼けの症状を少しでも軽くするため、今から少しずつ日焼け対策をしましょう。

そして!

それと同時に、あとは

・自分が脱毛可能な日焼けレベルなのかをチェックする

・OKだったり、自分で判断できないと思ったら…

・日焼け肌でも脱毛可能な機種を導入するクリニックで無料カウンセリングを受ける


という順番で、行動あるのみ!ぜひ今日から実践していきましょう!

ヒゲ脱毛前後は他にも注意点がある!

第5回:ヒゲ脱毛のカウンセリングから照射当日までの流れ|注意点も紹介

イツキさん!僕、クリニックのカウンセリングに申し込もうと思います! ただ、脱毛当日までに何をするのか分からなくて心配です…(泣) お!ハヤトくんもついにヒゲ脱毛デビューだね! はじめて脱毛する時に不安 ...

続きを見る

 

【失敗しない】ヒゲ脱毛でオススメのクリニックBEST3

多くのヒゲ脱毛を行うクリニックは一見同じように見えます。

しかし各クリニックを比べると「料金は変わらないのに、脱毛回数が少ない」など様々な違いがあることに気付きます。

つまり、クリニック選びを間違えると、ヒゲ脱毛にかける「お金・時間」が全て無駄になり損をしてしまうケースがあるのです。

「こっちのクリニックで脱毛した方が安かった...」と後悔するのは嫌ですよね。

だからこそ、ヒゲ脱毛で後悔しないためには、あらゆる面でコスパの良いクリニックを選ぶことが大切です。

【クリニックを選ぶ際の5つのポイント】

①脱毛料金の安さ

②脱毛プランの充実度

③アクセスの良さ

④脱毛機器の豊富さ

⑤予約のとりやすさ

当サイトでは、数あるクリニックの中から「5つのポイント」をもとに厳選した3院をご紹介します。

「クリニック選びで失敗したくない!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

回数単位で業界最安値「湘南美容クリニック」

オトコの根こそぎレーザー脱毛

全国に88院を展開し、リピーター率が90%を超える業界最大手のクリニックヒゲ3部位の脱毛(6回)を29,800円(税込)で受けることができ、医療脱毛の中でもかなりリーズナブルな料金設定となっています。アクセスの良さや割引・ポイント制度も充実しており、はじめてヒゲ脱毛をする方でも安心して通うことができます。

湘南美容クリニックはこんな方にオススメ

  • ヒゲ脱毛をするのが初めて
  • なるべく安くヒゲ脱毛を行いたい
  • 地方でも通いやすいクリニックを探している

3年間無制限のヒゲ脱毛「ゴリラクリニック」

髭脱毛

基本コース終了後、3年間無制限のヒゲ脱毛を毎回の予約料108円(税込)で受けることができるクリニック。コースと無制限の脱毛期間を合わせると実質4年間のヒゲ脱毛が可能です。全国に18院を展開しており、地方にお住まいの方でも気軽に通うことができます。施術時は5種類の脱毛機器から選ぶことができ、脱毛時の痛みが気になる方も安心して利用できます。

ゴリラクリニックはこんな方にオススメ

  • 他の人よりもヒゲが濃いのが悩み
  • なるべく痛みの少ない脱毛機器を利用したい
  • 長期間のヒゲ脱毛を受けられるクリニックを探している

業界で唯一、期間・回数無制限「ドクターコバ 」

Dr.コバ

業界の中で「期限・回数無制限」のヒゲ脱毛を行う唯一のクリニックです。銀座・名古屋・大阪の3院にしかないものの、基本コース終了後は毎回の予約料108円(税込)を支払うだけで回数・期限無制限のヒゲ脱毛で受けることができます。納得のいく結果が出るまでヒゲ脱毛を継続したい方にオススメです。

ドクターコバはこんな方にオススメ

  • 期限・回数に制限なく、納得のいくまで脱毛をうけたい
  • 東京、愛知、大阪に住んでいる
  • オプションなどの追加費用はなるべくかからない方がいいと思っている

-みんなのヒゲ脱毛Q&A

Copyright© メンズヒゲ脱毛アカデミー , 2019 All Rights Reserved.